アルミサッシの簡単な汚れ落としの掃除の仕方とサビ取りの方法

アルミサッシの溝にたまった黒い汚れ。それにサッシのサビ。掃除が大変ですよね。

サッシの掃除には色々と便利な道具もありますが、こちらでは、家にあるものですぐに掃除ができる方法を紹介します。

思い立ったらすぐに取り掛かるのが、掃除の秘訣です。


広告

アルミサッシの汚れ落とし

サッシ(窓枠)の素材は、アルミか樹脂がほとんどです。

アルミのサッシは、強度があり汚れにくいので、よく使われていますが、結露しやすいという欠点があります。

水分が集まることで、家の「ほこり」や窓周辺に風で飛ばされてきた砂埃や土がが黒く固まってしまい「泥状態」になってしまいます。こうなるとサッシのお掃除は、とても大変になります。

窓のサッシ掃除の簡単な方法

今回は家にあるもので黒く固まったサッシの泥のような汚れを手軽に簡単に掃除する方法をご紹介します。道具は身近な物で揃えていきます。

用意するもの

・割り箸(又はマイナスのドライバー)

・古いタオルや布を切ったもの(又はキッチンペーパー)

・洗剤

・スポンジ

・あればサッシのブラシ

・バケツ

・ゴミ箱

古い布は、水に濡らして固くしぼったものをたくさん用意していると便利です

掃除の仕方

1.サッシのほこりがひどい場合は、まずほこりを除きます。ほこりは乾いた状態の時の方が作業しやすいです。ブラシか割り箸などでかき出すようにしてください。割り箸は先を斜めにカットすると、使いやすくなります。

2.汚れは外に掃き出すか、掃除機で吸い取ってください。すきま用のノズルを使うとよく取れます。

3.古い布を固くしぼってふいていきます。狭い部分は、割り箸などに古い布を巻きつけて拭いてください。

4.ひどい汚れには、洗剤をつけて拭き取ってください。

アルミは、酸性や強いアルカリ性に溶ける性質があります。アルミサッシのカビに洗剤を使うときは、弱アルカリか中性の洗剤を使ってください。

台所洗剤か住まいの洗剤なら問題無いです。

広告

アルミサッシのサビ取り

アルミサッシの場合はサビがある場合もあります。

軽いサビならスポンジにクレンザーで軽くこすると取れますが、力を入れ過ぎると傷がついてしまいますので、力を入れ過ぎないように そっとしてください。

酷いサビの場合は、耐水性のサンドペーパーで水をつけながらこすってみてください。目の細かいサンドペーパーを使ってくださいね。

塗装が剥げている場合は、また そこが錆びてしまいますので、ラッカーを塗っておいてください。

【関連記事】

madonokabi窓のカビの落とし方。サッシのカビ掃除と結露対策を簡単にする方法

sassinosouzidougu窓のサッシの掃除のための便利グッズ

keturoyouguzzu0冬の窓の結露対策について

年末の大掃除に!
高い場所や2階の窓の外側など危険な場所を掃除する道具を手作り
2階の窓の外側を安全に掃除!窓ふきの跡が残らない大掃除の簡単なやり

鏡がピカピカにキレイだと、お部屋も明るくなります
大掃除の時の浴室の鏡のウロコにおすすめの商品。鏡をピカピカにするには?

収納する場所も大事!押入れの湿気対策をしておきましょう
布団が心配 押入れの湿気対策どうすればいい?すのこは必要?上下は?

お風呂の天井のカビ掃除のやり方です
風呂の天井のカビ掃除が大変!除去と防止の方法を教えて!

まとめ

100円ショップに行くと、掃除グッズのコーナーに、500ccのペットボトルにつけて使うブラシを売っています。これは本当に使い勝手がいいのでおすすめです。

他にも便利なグッズがありますので、前もって揃えておくと掃除も楽になるかもしれませんね。

広告