星の書き方 五角形をコンパスなし分度器なし定規のみで書く方法

コンパスも分度器も使わずに定規だけでかく「ほぼ五角形」と「およそ星型」です。

以前 「簡単な星の描き方」の記事を書いたのですが、小学生がいないご家庭ではコンパスや分度器は置いていないと思います。なので、簡単に「ほぼ五角形」が書ける方法を紹介したいと思います。

小さなお子様との工作などにご利用ください。

スポンサーリンク

星の書き方 コンパスなし分度器なしの時の方法

最初に放射線状に、5本の線を引きます。次に作りたい大きさに応じて線に印をつけて「ほぼ五角形」を作り、線を結んで星の形を作ります。

あくまでも「ほぼ五角形」ですので、算数の宿題などには使わないようにしてくださいね。

★正確な星の作り方はこちらから


では、さっそく星を作りたいと思います。用意するものは、下の通りです。
・定規
・紙
・ペン
まず、星の形の基本になる「五角形」を作っていきます。

①横線を一本ひきます。横線を1.5㎝・2.5㎝・2.5㎝・1.5㎝で区切っておきます。

(図の水色の五角形は、イメージとして置いているだけですので、あまり気にしないでくださいね)

gokakkei1
②両端と真ん中の印から上に印をつけます。両端からは4.8㎝・真ん中からは7.8㎝上のほうに印をつけておきます。

gokakkei2

③真ん中の線にしるしをつけます。真ん中の線の下から測って3.5㎝の場所に印をつけます。

gokakkei3

④計6個の印が付いたことになります。

gokakkei4


gokakkei5

⑥こんな風に5本の線ができます。

gokakkei6

⑦線の長さを計ります。小さな星なら2㎝とか。大き目の星なら10㎝とか。長さを決めたら、5本とも同じ長さの場所にしるしをつけます。

gokakkei7

⑧印をつないで五角形にします。さっきつけた印をつなぐと好きな大きさの五角形になります。(この部分は省いていいです。印をつなぐと星の形になります)

gokakkei8

五角形から星型を作る

⑨五角形から星型を作ります。向かい側の角に向かって線をひいていきます。
gokakkei9

⑩星型の完成です。

gokakkei10

【関連記事】
rakki-suta-
★紙テープで星を作る方法です
>>> 幼児と一緒に作れるクリスマスオーナメントの紙テープの星。ゆきだるまと天使も

★エクセル・コンパス・分度器などで星を作りましょう
>>> 星型の書き方の一番簡単な方法は? 五角形をコンパスと分度器で作るには

まとめ

星型ってどうしてこんなに難しいの?

もう「ハート型」でいいじゃん!

「お花の形」でいいじゃん!

なんて思うけど

子どもにもわかりやすくって

メインによし、背景としてもよし、ソロでも団体でもよし。
「星」があると、何となく嬉しいンですよね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメント

  1. はる より:

    国旗を作っており、
    とてもわかりやすく参考になりました!
    ありがとうございます♪

    • yayoi より:

      はるさま コメントありがとうございます。

      子どもが小さいころ よく一緒に工作をしていましたが
      キレイな星が描けずに 随分折り紙を無駄にしていました。
      なんとか定規だけで書く方法はないかといつも思っていました。

      クリスマスの時期になると必ず思い出すことの一つです。

      お役にたてたのなら本当に嬉しいです。
      どんな国旗ができるのか 見てみたいです(*^_^*)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA