ひな祭りのお雛様のイラストの書き方

お雛様のイラストの描き方
ひな祭りのお雛様のイラストを描いてみました。もう少し何とかならないか、と試行錯誤中なんですが、時間がかかりそうなので未完成ですが一度アップしておきます。

いつものように塗り絵つきです。ご利用の際は、右クリックで「名前をつけて画像を保存」してお持ち帰りください。

広告

お雛様のイラストの書き方 最初は鉛筆でアウトラインを書く

お雛様は直線と曲線を何本か組み合わせないといけないので どうしても難しくなってしまいます。バランスのとり方も難しい(と娘が言います)

なので 最初に鉛筆で薄く形をとっておくと かなり楽に描けます。

①正三角形を書きます。ここは着物の部分になります。
女雛のアウトライン1

②平たい楕円形の形を上の方にかぶせます。ここは女雛の顔です。
女雛のアウトライン2

③縦に長い大きな楕円形を書きます。女雛の髪の毛です。
女雛のアウトライン3

④ここまでで 一度外側の線だけをなぞってみてください。
お雛様に見えますか?
女雛のアウトライン

⑤お雛様の前髪。斜めの楕円形です。これも鉛筆で書いてください。
女雛の前髪を書く

⑥着物の裾を書きます。平たく長い楕円形です。
女雛のスソを書く

⑦もう一度 アウトラインをなぞって 余計な部分を消していきます
女雛の全体のアウトライン

お雛様のイラスト 細かい部分を書いていく

⑧エリの片側を書きます
エリを書く

⑨エリの反対側も書きます
エリを書く2

⑩扇を書きます
女雛の扇

⑪女雛の手を書きます(省略してもいいです)
女雛の手

⑫冠を書きます
女雛の冠

顔を書きます。
まずまん丸い女雛の目。
女雛の顔に目を書く

小さなまつ毛。
女雛の目にまつ毛を書く

小さな眉毛。
女雛に眉をかく

女雛の完成です。
女雛完成

顔はお好きなように書いてくださいね。ニコニコしてるお雛様とか、おすまし顔のお雛様とか(*^_^*)

女の子のお雛様と男の子のお雛様

男の子のお雛様(男雛)も女の子のお雛様(女雛)と一緒です。
髪の毛を短くして、持ち物と帽子を代えます。
お内裏様とお雛様

敷物と屏風もプラス。ほんのり ほっぺがピンク色…春ですね。
お雛様のイラストの描き方

お雛様のパーツです。
女の子のお雛様
女雛のパーツ

男の子お雛様
男雛のパーツ

お雛様の塗り絵

こちらは塗り絵バージョンです。
プリントアウトする場合は右クリックで「名前をつけて画像を保存」してください
ひな人形の塗り絵

小さなお子様と一緒に作る工作、絵が苦手な人でも描けるイラスト、幼児向けの行事の由来などをまとめています。
簡単に書けるイラスト・短時間で作れる工作などのまとめ

おわりに

実は 今回のお雛様のイラスト。かなり苦戦しました。

と言うのも 我が家には「画伯」と言っていいほどの絵のセンスが皆無な娘(現在高3)がいるわけですが、その次女のOKが出ないんです。

どうしても 難しすぎて書けないらしいんです

どこが一番難しいの?と尋ねると「エリの部分」と答える。

エリの何が難しいわけ?

「エリが重なっているのが理解できない」

…理解も何も。エリが重なってないと ただの無地の浴衣に見えるんですけど。お風呂上りですか?な感じの。一枚でいいから重ねとこうよ(ホントは たくさん重ねたいけど)

「いや 重ねたら わからなくなる」

…うーん。ハードルが高すぎる。

ということで今回の形に落ち着きました。

別件ですが「お雛様の首」で頭を抱えたこともあります(これも原因は次女だった)

ということで もっともっと簡単で なおかつ「ものすごく豪華なお雛様」を作ってみたいというのも 今の管理人の野望のひとつです(野望が多すぎて回収できてないです)

広告