そうめんのつゆの作り方を簡単に。甘くないつゆは?薬味は?

氷の上の冷たいそうめんをたっぷりの薬味を入れたつゆでいただく。どんなに食欲がないときでも、不思議と食べれてしまうそうめんは、夏の食卓の花形ですね。

ところで、そうめんのつゆはどうしていますか?

市販のそうめんつゆを使うことが多いと思いますが、自宅で簡単に作ることができるんです。ちょっとつゆが足りない時や、買い忘れた時の為に覚えておくと便利ですよ。

スポンサードリンク

そうめんのつゆの作り方で一番簡単な方法は?

自宅で簡単にそうめんつゆを作る方法を紹介しますね。

簡単なつゆの作り方
◆材料

・だしの素
・しょうゆ 50cc
・みりん  50cc
・水    250cc

しょうゆ:みりん:水 が 1:1:5になるようにしてくださいね。
だしの素は、いつもより多めな感じがいいと思います。

◆作り方

材料を全部鍋に入れて、沸騰させる

沸騰させるのはみりんのアルコールを飛ばすためです。アルコール分を飛ばさないと、お酒の臭いが残ったままになります。沸騰したら、弱火にしてください。1分程度でアルコールは飛ぶと思いますので、味見をしてOKなら、火を止めてくださいね。

甘めのつゆが好きな人は、砂糖を少し足すといいです。

急いで使いたいときは、濃い目に作って、氷を入れて冷やしてください。

そうめんのつゆは甘くないのが好き

少し時間に余裕があるなら、かつを節を使ってつゆを作ってみませんか。だしの素で作るよりも ずっと美味しいつゆができます

上のレシピとは、醤油とみりんの割合を変えています。市販のそうめんのつゆは甘すぎてどうも・・・という人はこちらがおすすめです。

甘くないつゆの作り方
◆材料

・かつを節 たっぷり
・しょうゆ 70cc
・みりん  30cc
・水    250cc

◆作り方

1.鍋にみりんを入れ沸騰させる(アルコール分を飛ばします)

2.醤油と水を入れて沸騰させる

3.かつを節を加えて、アクを取りながらしばらく煮だして火を止める。

4.そのまま 冷たくなるまで放置して、かつを節をこす。

かつを節をこすときは、網杓子(あみじゃくし)やアク取りなどを使うと簡単にできます。

さらに、甘味のないしょうゆとかつをだけのつゆの作り方

醤油とかつを節だけのシンプルつゆ
◆材料

・かつを節  たっぷり
・しょうゆ 100cc
・水    300cc

◆作り方

1.しょうゆと水を鍋に入れて沸騰させる

2.かつを節を加えて、アクを取りながらしばらく煮だして火を止める。

3.そのまま 冷たくなるまで放置して、かつを節をこす。

みりんを入れずにしょうゆだけで作るとさらにさっぱりしますが、みりんは少しだけでもいいのでを入れたほうがコクが出ます。

この辺りは、お好みで。

濃いつゆが良い場合は、煮立てる時間を長くすればいいですし、薄いつゆにしたいなら、食べる前にお水で薄めたらいいです。


スポンサードリンク

そうめんのつゆの薬味は何を使う?

そうめんの薬味といえば、ネギすりおろしたしょうがが一般的ですね。他にも薬味として使えるものを紹介しますので、ぜひ試してみてください。

・大葉・・・青しその葉のことです。真ん中の茎を取り除いて、くるくると丸めて千切りにします。

・梅干し・・・種を除いて叩いてください。さっぱりして美味しいです

・わさび・・・食欲のない時におすすめです

・すりごま・・・めんつゆにタップリと入れて ごまだれ風味に。

・キュウリ・しそ・みょうが ・・・千切りに

・大根・山芋 ・・・すりおろして

他にも 錦糸卵・刻み海苔・もみじおろし・オクラ・トマト・うずらの卵などを添えてもいいですね。

◆キレイな薄焼き卵の作り方は>>>コチラの記事から

私は、めんつゆに ネギ大葉しょうがを入れたつゆに かぼすを少量絞り込んだものが好きです。もしかぼすが手に入るようでしたら試してみてください。

かぼすスダチ梅干しなどはクエン酸が含まれていますので、夏の疲れには最適です。

◆カボスの栄養と食べ方はコチラの記事から
>>>かぼすの料理での使い方。保存の方法。ゆず すだちとの違い

◆クエン酸について説明している記事です
>>>肩こりの解消にクエン酸は有効?摂取できる食品とお酢を使った簡単な料理

夏の食材・紫外線や暑さ対策・大掃除・虫対策・ペットのことなどをまとめています
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
夏のくらしの記事まとめ
・珍しい食材の食べ方
・旬の野菜の簡単レシピ
・気軽に楽しめる行事食
をまとめています
>>短時間で簡単に!旬の食材や行事食のレシピまとめ

まとめ

茹でたそうめんが残ってしまった場合は、水気を切って、タッパーに入れ(器に入れてラップでもいいです)冷蔵庫で保存してください。

食べるときは、サッと水にくぐらせると、ほぐれて食べやすくなります。

夏場は、安全面が気になりますので、翌日までに食べ切るようにしてくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA